daccolino

会社の特徴_社長の熱い想い

<ブランド名>
daccolino

<クライアント>
株式会社カワキタ 様

<業務内容>
使用性、安全性改善
商品設計構想
商品ポジショニング立案
デザイン戦略立案
プロダクトデザイン
ユーザーヒアリング
キャッチコピー

<協力クリエイター>
ジャパンシステムアート 様
ロゴマーク

大手既存メーカーが入っていかない空白地を社長と発案者の熱い想いで切り開く。

ひとりのイクメンが「抱っこ紐に変形するカバン」があれば便利だと 考え試作品を作り、30社に持ち込むも商品化するメーカーがない。 その心意気に惚れ込で協力しようと考えたのが、カバン設計も商品企画経験も浅いファブレスOEM生産メーカーの社長でした。

デザイン会社 株式会社Yの制作事例|ダッコリーノ
株式会社Yの制作事例|ダッコリーノ

元気に歩き回る時は必要最小限のものが入るボディーバッグとして使用。抱っこ時に子供の背中をサポートするベルトが、バッグのデザインアクセントに。(上) 疲れて抱っこを求めてきたら、変形させて抱っこできる形状にすることが可能。身体に密着させずブランコ感覚で座らせることができる“アルミシャフト”をあえて外に見えるデザインで機能性をアピール。(下)

ポジショニング戦略

「移動に便利」ではなく、
「親子関係を育む」アイテムとして訴求。

“ちょい抱っこ“で歩き始めた子供との親子関係を築く『歩育』という考え方をこのプロジェクト内で発見。歩き始めた子供をもつ両親が、 ベビーカーや抱っこ紐のように必要で、ママがパパに持たせたいと 思われるような商品企画を設定。

daccolino__ポジショニングマップ1
タグ_デザイン戦略

単なるバッグに見せることはしない。
新しい機能に興味を持たせることを主眼においた
一目見て今までのバッグとは違うと感じさせるデザインを。

新機能をもった、新市場を切り開くデザインとして、一見バッグに見えるデザインにはせずに、サポーターのベルトや、シート部を支える アルミパイプをあえて見せることで、機能に注目させるデザインを選択。

daccolino__ポジショニングマップ2
Print
PAGE TOP