daccolino

Unknown

【 クライアント 】

株式会社カワキタ 様

 

【 受託内容 】

ポジショニング戦略/ユーザーグループインタビュー/商品設計構想/製品スタイリングデザイン/キャッチコピー/コピーライティング

 

ダッコリーノメイン
ダッコリーノメイン2

歩き出したらカバンで抱っこ

歩き出した子供は自由に歩かせたいもの。その時期の親は「使うかもしれない」「少しの間使う」ための抱っこ紐や ベビーカーをもって移動するという状況になって しまいます。

こういった状況に疑問を感じた一人のイクメンが「一瞬で抱っこ紐」に変形する試作品を作り上げ、某テレビ局の2012年トレたま大賞を受賞。

その商品化に乗り出したのが株式会社カワキタ様。当時は自社オリジナル商品を作る経験が浅いこともあり、商品ポジショニングの設定から商品コンセプト・商品スタイリングまで関与させていただきました。

Print

類を見ない特殊な構造

よく街中を観察していると、バッグに子供をのせて抱っこをしているお父さんを見かける事があります。ダッコリーノはより安全・快適にそのシーンを過ごせるように、様々なサポーターや子供の脚を圧迫させずにバッグの中身を守るアルミシャフトなどを装備させました。

DCpo

製品ポジショニング戦略

ベビーカーは親の移動性を重視して使うものだという気づきをもとに、親子のふれあいを重視しながらも『抱っこ紐はもう卒業』。といった年齢の親子にターゲットをフォーカス。『歩き出したらカバンで抱っこ』というコピーに繋がる新しいカテゴリーの創造です。

市場を切り開くデザイン戦略

デザイン位置づけ

『新しい市場の起点となる商品』には共通して『その市場の中心となるデザイン』がなされています。一目見るだけで今までにない考え方のモノであることが伝わること。それは商品広告宣伝費が潤沢にない状況では更に重要な要件であり、私たちが大切にしたい視点でもあります。このダッコリーノでは『バッグを縦断する黒いキッズサポートベルト』と、子供の脚とバッグの中身を守る『アルミシャフト』が、普通のカバンでないことを一目見て分からせると同時に、類似コンセプトの製品が今後出てきたとしても『より安全に子供を抱っこできる』製品であることを感じさせられるように配慮しました。

商品_ターコイズ
商品_サイド
PAGE TOP